株式会社情報戦略テクノロジーの求人・転職・採用 | レバテックダイレクト

株式会社情報戦略テクノロジーのトップ画像

株式会社情報戦略テクノロジー

「"エンジニア”を”Engineer”に」課題解決専門のパートナー契約企業

会社概要

株式会社情報戦略テクノロジーは、IT業界の多重下請け構造によるプロジェクトの炎上やエンジニアが搾取されている現状に注目し、環境改善に向けて設立された企業です。

ITリテラシーが高い大手に直請けで入り、クライアントと直接やりとりするほうがエンジニアの意欲につながると考える当社では、内製している大手に特化したエンジニアリングパートナーサービスを展開。業界・業種を問わず東証一部上場企業との直接取引を実現しています当社では「0次DX」と表現し、クライアントと同じ目線で業務分析を行い課題を抽出。状況の変化にも随時対応しながら一気通貫して支援を行い、クライアントのDX成功にコミットするのが特徴です。

クライアントは日本を代表する大手企業ばかり。東証プライム上場企業の中でも、売上1000億円以上または IT投資額年間10億円以上で、IT戦略を重要視し、IT投資を積極的に行っている企業を対象としています。

・Qiita記事(100記事以上・約1万LGTM) https://qiita.com/organizations/is-tech

会社の魅力

<「エンジニア」を「Engineer」にする会社> 情報戦略テクノロジーが目指しているのは、日本に居ながらにして、海外のEngineerと同等の働き方・市場価値・報酬を実現することです。

海外のEngineerは、日本のエンジニアのように「言われた通りモノを作るだけの存在」ではありません。デジタルビジネスのクリエイターとして、企画から関わっていることが一般的です。

この海外Engineerのポジショニングをプロデュースしているのが情報戦略テクノロジーです。具体的には、 1.クライアント直 2.かつ、イチ開発要員としてではなく、対等なパートナーとして参画 3.かつ、対等なパートナーとして受け入れることができるITリテラシーが高いクライアントのみを厳選 することで、日本のエンジニアが”Engrineer”として活躍できる舞台を整えています。

  • 「エンジニア(社員)第一主義」を徹底し、意欲につながる案件を獲得します。
  • クライアントと同じ目線で業務分析を行う経験が可能です。

会社の展望

<国内唯一無二のエンジニアファースト環境> 対等なパートナー関係を作れている理由は、約200名のエンジニアに対し営業30名と相当数の人員配置を行っているため。高い営業力でクライアントを絞り、対等な関係性を築くことができています。

また、一つの領域に限定されず活躍できることも魅力です。サーバサイドエンジニアがインフラに、インフラエンジニアがSREに、AWS未経験者がAWSを牽引するポジションに立つチャンスがあるなど、スキル・キャリアを広げることができます。

開発ではJavaやPython、Kotlin、Swiftを。インフラではAWSやGCP、Azureといったモダンな技術を用いています。

給与の還元率も高く、案件単価も明確にエンジニアに公開するなど、モチベーションにつながる仕組みも整えています。

事業内容

「内製化を進める大手に特化」した内製パートナー支援事業

業界・業種を問わず大手企業のサービスやプロダクトの内製開発を支援 (いわゆる”共創型”内製) 「作っては見せ相談提案」を繰り返すアジャイル・スクラム開発スタイルで、クライアントの要望実現に注力しています。

勤務地・その他情報

会社名
株式会社情報戦略テクノロジー
従業員数
276
業種
  • ITコンサルティング
本社所在地

東京都渋谷区東3-9-19 VORT恵比寿 maxim 8F

代表者
高井 淳
設立年月
2009年1月
資本金
5,000万円

株式会社情報戦略テクノロジーから
スカウトが届くか、診断してみませんか?

株式会社情報戦略テクノロジーの他、
貴方のご経験でどんな企業からスカウトが届くか、
簡単な質問から判定します!

スカウト診断(無料)

経験のある職種を教えてください(複数選択可)

この企業の求人

同じ職種の求人