パーソル パナソニック HRパートナーズ株式会社

ソフトウェア/電気・電子/機構/ICTの各技術スペシャリストが在籍する企業

PICK UP

パナソニックブランドの製品をはじめ、日本が世界に誇る製品開発を担うエンジニアリング企業

パーソル パナソニック HRパートナーズ株式会社エクセルテクノロジーカンパニーは、2005年の設立以来、パナソニックブランドの製品やシステム開発を中心に携わり、ハードウェア・ソフトウェアの両面から高い技術力でクライアントに貢献することで事業を拡大しています。

パナソニックグループにおけるプライム案件をはじめ、自動車やエネルギー、医療機器など、幅広い分野で高品質な技術サービスを提供し、クライアントの信頼を獲得。グループの案件は70%程度で、ほかには日本を代表する大手電気機器メーカーや、自動車メーカーなどの案件に対応しています。 1つの案件に対して1~10名程度でチームを組み、長期間参画します。

当社の強みは、ソフトウェア、電気・電子、機構、ICTの4つの技術分野を持ち、技術者派遣事業と請負開発事業を行っているトータルエンジニアリング企業である点です。各該当技術分野の第一人者である技術者が多数在籍しており、中には同じ製品に20年以上携わっているエンジニアもいます。 また、社内受託型の請負部門では、およそ10年以上前からモデルベース開発に着目しコア技術化していることも特徴の一つ。最先端の技術を駆使して、自動運転システムや医療用ロボットの開発に取り組んでいます。

今後は、請負開発事業においては企業と密接した常駐型請負に加え、社内受注型請負への転換を加速させていきたいと考えています。 ソフトウェア部門ではAIやスマート関連の分野の拡大を軸に考えており、カメラと機械学習の組み合わせによる認識エンジン提供サービスや、既存機器へのIoT導入サービスなどの提供を近日開始する予定です。 ハードウェア部門は、商品開発の一部ユニットを切り出した開発などを拡大中。パナソニックで20年以上商品開発を担当してきたベテランエンジニアを中心に、新規事業を推進しています。CXデザインセンターという新組織を設け、大手企業やベンチャー企業から商品設計開発を中心とした新たな請負業務を受注しています。

  • パナソニックブランドの製品やシステム開発を中心に携わる

事業内容

▼技術者派遣事業

パナソニックブランドの製品をはじめ、家電・車載・産業・医療機器等の設計開発において技術者を派遣しています。

▼請負開発事業

制御・組込系のソフトウェアに関する設計・製造・評価の受託開発を担い、モデルベース開発(MBD)等の独自技術を提供しています。またお客さま先の社内・構内および当社内で、ハードウェア・ソフトウェアの請負業務を行っています。

会社の特徴

【特徴①】エンジニア一人ひとりが得意分野を持ち、世界をリードする技術革新を担う開発組織

若手からベテランまで幅広い年代が活躍しており、バランスの取れた人員構成となっています。中途社員が多く、メーカーで組込系ソフトウェアやICTの開発を経験し、「最先端の技術に携わりたい」と当社に転職した人もいます。 組織面ではソフトウェア関西・関東、ハードウェアの3セクション制を採用し、事業戦略や育成、採用などを各セクションで実施することで、経営効率の向上につなげています。

基本的に案件には数年単位の長期間参画することになります。 エリアや担当する商品ごとに事業部を設置しており、その上長が社員の育成を担当。参画後のフォロー体制も万全です。

お客様と長年に渡り信頼関係を築いてきた当社だからこそ任せていただける先端技術の開発案件が多数あり、世界初の技術開発や新機能の開発に携わることが可能です。また、自分が関わった製品が世に出され、活用されていく点にもやりがいを感じられます。過去には、オリンピック競技で活用されるようなプロジェクションマッピング用ソフトの開発を担当した社員もいます。

評価面では、目標の設定から進捗の管理まで、上長が手厚くフォロー。社員一人ひとりが年間のスキルアップ目標に対してPDCAサイクルを実行し、ステップごとに上長が個別面談を実施し、目標達成のための指導を行っています。 また、目標管理シートを使用し、上司と相談したうえで具体的な目標を設定。シートの内容を半年かけて実行に移し、半年単位で成果を確認する面談を行います。 評価基準はクライアントからの評価や会社への貢献度、自己啓発の成果などを総合的にチェック。さらに次の半年へ向けた取り組みなども一緒に整理していきます。

当社のエンジニアは、それぞれ得意分野や理想とするエンジニア像を持っており、新しい技術への挑戦に積極的な人が活躍しています。 また、クライアントの求めているものを本質的に理解したうえで、アイデアや商品の仕様を提案できることが重要なため、コミュニケーション能力が求められます。

【特徴②】「生涯”一”エンジニア」として活躍するための育成体制が充実

当カンパニーでは、「生涯“一”エンジニア」を理念として掲げ、エンジニア一人ひとりのキャリアを尊重し、長く活躍していけるようサポートしています。 長年エンジニアとして活躍してきた上長が社員一人ひとりに向き合い、将来を見据えた人材育成を実施。社員がエンジニアとして末永く活躍できるよう、キャリア形成を行っています。 キャリアパスとしては、技術を伸ばして各技術分野のトップクラスのエンジニアを目指すことも、事業をリードするマネージャーを目指すことも可能です。

パーソルグループが開発した「HITO-Talentシステム」を導入し、社員の業務履歴や成果、取得資格、受講研修などをデータベース化。そのデータベースをエンジニア一人ひとりの育成に活用しています。

階層別・職能別の研修も充実しており、着実にキャリアアップしていける環境があるのも魅力。職能別のワーキンググループ活動では、現在自身が行っている仕事や使用している技術の共有、資格取得者による未取得者への研修などを社員が主体となって実施しています。 また、業務に必要な技術関連の研修をはじめ、ヒューマンスキルやプロセススキル、ビジネススキルなど、学べる内容が豊富です。 人材開発部門と外部の研修会社で協力し、当カンパニー社員向けにカスタマイズして開催するオリジナルの集合研修やトレンド研修(IoTやAIなど)も実施。さらにパナソニックグループ研修カリキュラムや外部機関研修、通信教育、e-ラーニングなどもあり、自身で受講する研修を選択できます。研修にかかる費用は、上長の承認を得れば全て会社で負担します。

また、年に1回キャリアビジョンについて上長と共有する面談もあります。面談の際にはキャリアビジョンシートを活用。1年後、3年後、5年後と長期的なビジョンを設定してなりたいエンジニア像を明示し、実現に向けて取るべき資格や身につけるべき技術など、具体的な行動計画を立てていきます。そのビジョンに向けてスキルを磨くことで、自らが目指すエンジニア像を実現していきます。

【特徴③】経営層とのコミュニケーションが活発で情報の透明性が高い社風

当カンパニーは、風通しが良く、社員同士のつながりを大切にする社風が特徴です。

毎年4月と10月に、全社員が集まる社内ミーティングを開催。事業方針の共有や活躍した社員の表彰を行っています。ほかにも社員による仕事内容や最新の技術トレンドの発表、外部の技術者による講演会なども実施。終了後には懇親会もあり、社員同士で交流を深められます。 また、年に1回、事業部ごとに親睦を深めるための催しを社員主導で企画しています。過去にはBBQや屋形船、クルーズ船など、さまざまなイベントが実施されました。

独自の取り組みとして、経営層と各事業所の代表者の社員が月に1回集まり、より良い会社にしていくために話し合う「PETコミュニティ」というエンジニア主体の活動があります。 経営層から会社の経営状況や経営課題、施策などが報告され、疑問があった場合は直接質問も可能。なお、代表者でなくとも、意欲があれば誰でも自由に参加できるほか、話し合った内容は議事録として発信されるため、全社員が閲覧可能です。 各事業所の課題を共有し、解決につなげることで、職場風土の活性化を促しています。

社員1人につきiPad1台を貸与し、社内コミュニケーションやオンライン会議、オンライン研修の受講などに活用しています。特にコロナ禍で上長と対面で話すことが難しい現在においては、コミュニケーションツールとして活躍中です。 当社では、エンジニアが着実に成長できる環境を整えています。エンジニアとしての将来を真剣に考えていきたい方は、ぜひご応募ください。

勤務地・その他情報

会社名 パーソル パナソニック HRパートナーズ株式会社
従業員数 1565人
平均年齢 37.4歳
業種
  • SIer
  • ソフトウェア
  • 電気・電子・機械・半導体
本社所在地 大阪府阪市中央区城見2-1-61
TWIN21MIDタワー2階 ※原稿に記載
代表者 松久博之
設立年月 1989年3月
資本金 9,000万円
URL https://persol-hrpartners.co.jp/exceltechnology/
アピールポイント
  • 資格取得支援制度あり
  • 社内研修・勉強会充実
  • 2年連続成長中

同じ業種の求人

パーソル パナソニック HRパートナーズ株式会社の求人・転職|レバテックダイレクト