株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルのトップ画像

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル

独自開発のGPUや、AIソリューションを提供するテクノロジー企業

企業からスカウトが届く 無料会員登録 企業からスカウトが届く 無料会員登録

会社概要

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルは、2002年7月に大学発のベンチャー企業として発足しました。以来、グラフィックス技術を核に事業を行っており、現在ではIPコアライセンス事業、製品事業、プロフェッショナルサービス事業の3つの事業において、アルゴリズム・ソフトウェアからハードウェア、またはエッジからクラウドと一貫したAIソリューションを提供しています。

当社の強みは、アルゴリズム・ソフトウェア、そしてハードウェアを統合的に一貫して開発し、お客さまや社会の課題解決に貢献できるところです。

当社の技術は、ニンテンドー3DSやJVCケンウッドのドライブレコーダーなどに組み込まれた実績があります。また、当社のIPコアをベースに、アミューズメント向け画像処理プロセッサ「RS1」やAI FPGAの開発と販売を行っています。

  • 開発組織の強みについて
  • ワークライフバランスについて

会社の魅力1

ディジタルメディアプロフェッショナルのエンジニアは設計と開発の工程に横断的に関わっているのが特徴です。受託開発は先行開発である場合が多く、要件が定まっていないケースもあるので、企画段階から営業とともに参画することもあります。勤務先は自社内です。1人で複数案件を並行して担当しています。また、期間は1カ月から3カ月と短い納期のものが多いため、ほとんどのケースでアジャイル手法を採用しています。

採用後は希望やスキルなどを考慮し配属先を決めたうえで、すぐに現場に配属され、OJTで業務を進めていただく方針です。

当エンジニア組織では、領域に特化しているため、画像処理の技術を極められる点が強みです。さらに、AI分野の開発にも取り組んでおり、今後リリースされる新しいプロダクトの開発に携わることができます。チームごとに勉強会を開催しているため、キャッチアップの機会がある環境です。 また、自ら進んでキャッチアップしていける人や技術が好きな人が活躍している傾向があります。

会社の魅力2

ディジタルメディアプロフェッショナルでは、AI関連事業を拡大し、世界をリードする「AI Computing Company」となることを目指しています。

当社は年次や役職に関わらず意見や提案ができるようなフラットな組織で、コミュニケーションが活発です。真面目で仕事熱心な社員が多い傾向があります。CEOの方針で外国籍の方も積極的に採用しており、ベトナム、中国、ブラジル、フランスなど国際色豊かな社員が在籍しています。

当社では、従業員が自由な働き方ができるよう裁量労働制を採用し、リモート勤務をコロナ禍以前に導入。さらに育休・産休復帰後の時短勤務や雇用形態の変更などにも柔軟に対応しており、育児時短勤務の対象となる子供の年齢も10歳までとしています。そのほかにも、働きやすい環境づくりのため新しい制度の提案を可能としており、ライフステージに関わらず、長く働ける環境です。

企業からスカウトが届く 無料会員登録 企業からスカウトが届く 無料会員登録

事業内容

▼IPコアライセンス事業

グラフィックス技術を核とした各種IPやAIソリューションを開発・販売しています。

▼製品事業

アミューズメント市場向けの画像処理半導体やAI FPGAなどを開発・販売しています。

▼プロフェッショナルサービス事業

顧客のニーズに合わせて、当社の技術を組み込んだハードウェアやソフトウェアの受諾開発を行っています。

勤務地・その他情報

会社名 株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル
従業員数 45人
業種
  • ソフトウェア
  • 電気・電子・機械・半導体
本社所在地 東京都中野区中野四丁目10番2号
中野セントラルパークサウス16階
代表者 大澤 剛
設立年月 2002年7月
資本金 18億3888万2500円
株式公開 / 
証券取引所
東証グロース
URL https://www.dmprof.com/ja/

株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルの求人・転職|レバテックダイレクト