株式会社グラフのトップ画像

株式会社グラフ

データ分析によるビジネス戦略コンサルティングの経験を活かし、新たな事業を展開中

企業からスカウトが届く 無料会員登録 企業からスカウトが届く 無料会員登録

会社概要

クライアントの戦略立案から実装まで、データの利活用をワンストップでサポート

株式会社グラフは、2015年10月13日に設立。AI・機械学習の活用やビッグデータ分析を通じ、クライアントにとって必要な支援とビジネス戦略コンサルティングを提供しています。

当社では大きく分けて3つの事業を展開。データ分析とそれを事業に活用するための基盤を構築する事業のほか、AIを活用したデータベースの収益化事業とアプリケーションの開発運営事業を行っています。単なるデータ分析業務だけでなく、戦略策定といった超上流工程から参画し、POCの実施や、データ分析による基盤構築などにも携わります。

一部のフェーズに限定するのではなく、クライアントのデータ活用における上流から下流まで一気通貫で携わる点が当社の特徴です。 また、当社の代表である原田博植は、前職でデータサイエンス組織を立ち上げ、多事業のマネタイズに貢献するなど、データの利用価値を最大限に拡張することで社会に貢献してきました。その功績から日経データサイエンティストオブザイヤーを受賞したり、メディアに出演したりと、個人としても際立っています。

クライアントの業界はマスメディアや自動車会社など業界は多岐に渡り、規模に関しても、創業から間もない会社から数万人規模の大企業まで多種多様です。なかには、各業界のトップ5に入るレベルの大規模なクライアントも。当社は営業部隊を設けていませんが、各業界・各社のデータ分析部門の方から、代表を通して直接案件の依頼があるケースが多いです。

今後は、以下の2つの自社サービスに注力していく方針です。 『データ分析SaaS Cypher(サイファー)』は、データ分析に際して多くのクライアントが抱える問題点を解決するさまざまな機能を持つクラウド型のサービスとしてローンチを予定しています。また、データサイエンティストの養成講座カリキュラム『データサイエンティスト養成講座 LAD(ラッド)』を作成し、すでにいくつかの企業での実習がスタートしています。

  • 代表の原田博植は、日経データサイエンティストオブザイヤーを受賞したことも
    代表の原田博植は、日経データサイエンティストオブザイヤーを受賞したことも

会社の魅力1

グラフの従業員は約30名で、そのうちエンジニアは約8割を占めています。 クライアント支援のプロジェクトはデータサイエンティストとPM、データベースエンジニアをあわせて十数名のチームを組んで進行。データベースを構築した後も施策を打ち続けるので、長いもので2~3年にわたるプロジェクトもあります。

支援のプロジェクトは、データ活用に課題を感じている企業やDXを推進したい企業から依頼を受け、データを利活用するためのデータベース構築から始めることが多いです。データ基盤を作ったあとに、機械学習やレコメンドなどの機能を実装します。 PMはすべてのフェーズに携わり、クライアントとのコミュニケーションで引き出したニーズからデータベースを構築するほか、社内のエンジニアのまとめ役を担当。データサイエンティストは、必要なデータの選定やデータの利活用に関する設計を担当します。

クライアントから直接事業課題などをヒアリングしてプロジェクトを進める中で、クライアントをリードするほどの前のめりな立場で事業戦略の立案に関われる面白さがあります。そのため、大手企業の経営戦略を担う方たちと対等にビジネスの話ができるレベルであることが求められます。 また、クライアントは、ビジネスに強いもののITリテラシーがそれほど高くないことが多いので、クライアントの要望を汲み取り、開発に反映できるスキルも重要です。

当社では、毎朝、代表も含めてPMが集まり、全プロジェクト横断での30分ほどの朝会を実施。また、毎週、各プロジェクトの進捗について共有・相談をする場があり、日頃の業務内容から人事評価が決まります。 エンジニアのキャリアパスとしては、入職後に経験値に応じてPMの補佐的な役割を担うのか、PMを担当するのかを判断します。その後、経験を重ねる中で大規模プロジェクトのPMへとステップアップする流れが基本です。

採用においては、データサイエンティスト未経験からの入社でも問題ありません。実際に、システム開発に興味があり異業種からデータサイエンティストとして転職し、活躍しているメンバーもいます。なかでもSIerのPMやPDMの経験がある方にマッチしている業務内容です。

会社の魅力2

グラフの企業スローガンは「Have a nice data!」。 当社は「データの利用価値を最大限に拡張することで、未来の社会の幸せに貢献する」ことをミッションとして、業務に取り組んでいます。 近い将来、AIが社会のインフラになるのはそう遠くないと考え、データを操るプロフェッショナルとして、社会が有するデータの利用価値を増幅。データを活用した事業を通して、クライアントのみならず社会や個々人への貢献を図っています。

ただし私たちは、データ分析やAIの活用はあくまで手段にすぎず、クライアントの最終的な希望を達成することが最も重要だと考えています。クライアントから機械学習やAI 、e-プランニングを使いたいと名指しされるケースもありますが、投資対効果が良くないと判断すれば、敢えて勧めないことも。代表の原田自身も、シンクタンクやITベンチャーなど事業会社を渡り歩いてきた経験から、データの収益化に貢献することをゴールとする考え方を持っています。

日本国内でデータ利活用の移行期を迎えている現在は、エンジニアとしての担当領域をシステム開発の領域からAI・データサイエンスという最新領域にピボットできる絶好のタイミングだといえるでしょう。スキルセットを変えていきたいという意欲のある方であれば、AIやデータサイエンスについて未経験でも活躍できるフィールドが当社にははあります。

企業からスカウトが届く 無料会員登録 企業からスカウトが届く 無料会員登録

事業内容

▼データサイエンティスト養成事業

データサイエンティストの養成カリキュラム『データサイエンティスト養成講座 LAD(ラッド)』を提供します。

▼データ分析SaaS のサービス事業

データ分析 SaaS のサービス『データ分析SaaS Cypher(サイファー)』を提供します。

▼データ分析を通じたビジネス戦略コンサルティング事業

AI・機械学習の活用やビッグデータ分析を通じ、クライアントにとって必要な支援、ビジネス戦略コンサルティングを提供します。

勤務地・その他情報

会社名 株式会社グラフ
従業員数 27人
平均年齢 32歳
業種
  • ITコンサルティング
  • ソフトウェア/パッケージベンダー
本社所在地 東京都港区西麻布1-15-1
MORIGUCHI BUILD, 2F
代表者 原田 博植
設立年月 2015年10月
資本金 55,072,000円
URL https://www.gruff.co.jp/

株式会社グラフの求人・転職|レバテックダイレクト