スタディプラス株式会社のエンジニア求人・転職・採用 | 【Webアプリケーションエンジニア】教育機関向け学習管理プラットフォームの開発/「学習xビッグデータ」の領域へチャレンジ!

スタディプラス株式会社の求人画像1
スタディプラス株式会社の求人画像2
スタディプラス株式会社の求人画像3
マッチ率

【Webアプリケーションエンジニア】教育機関向け学習管理プラットフォームの開発/「学習xビッグデータ」の領域へチャレンジ!

27日前 更新

サーバーサイドエンジニア、フロントエンドエンジニア

東京都(御茶ノ水駅)

600-800万円

自社サービスありリモートワーク可フルリモート可服装自由副業可オンライン選考可フレックス制度ありベンチャー企業残業月20時間未満

事業概要

「Studyplus for School」は教育機関向け学習管理プラットフォームです。 2017年7月に本格始動し、現在は全国の塾・予備校、学校など約2,000校に導入され、先生と生徒をつなぐ学習管理ツールとして利用されています(2024年6月時点)。

生徒が利用しているStudyplusと連携することで、先生が生徒と面談をしながら勉強スケジュールをプランニングしたり、オンラインでコメントや「いいね!」を送ったりすることができ、生徒の学習PDCAサイクルをどんどん回していくことが可能な学習管理プラットフォームです。

仕事内容

現在Webアプリケーショングループでは複数アプリケーションの開発運用を担当しています。 特に新規機能の追加を重点的に行なっていく計画になっております。

それらの計画を達成するため現在プロダクトとして以下のような課題を抱えております。 - ユーザー志向のプロダクト開発 - 日々の技術的負債の改善および長期的なシステム全体の負債解消 - フロントエンドのUI/UX改善、コンポーネントの再設計

これらの課題に取り組みながら生産性や品質を高い水準で維持し、事業・組織のスケールと開発効率の向上を一緒に実現できるメンバーを求めています。

求められるスキル・人物像

■ 必須スキル/経験 ・Ruby on Railsを用いたWebアプリ開発・メンテナンス・運用の2年以上の実務経験 ・ReactまたはVue.js, Angular などモダンフレームワークを用いたフロントエンドの開発経験

■ 歓迎スキル/経験 ・Ruby on Railsを用いたWebアプリ開発、メンテナンス、運用の経験 ・ReactまたはVue.js、Angularなどモダンフレームワークを用いたフロントエンドの開発経験 ・業務におけるコードレビューの経験 ・クラウドサービス(AWS、Azure、GCP等)を用いた開発経験 ・スクラムマスターの経験またはスクラム開発手法を用いたチーム開発経験 ・Web業界でのVPoE経験、もしくはそれに準ずるエンジニアリング部門責任者経験 ・人員計画策定やエンジニア組織構築の経験 ・エンジニアのキャリアパスと評価制度策定の経験 ・エンジニア採用の経験

勤務地・給与・その他情報

想定年収、待遇・福利厚生、
選考プロセスなどを確認するには会員登録が必要です

利用規約 および レバテックID利用規約 個人情報の取り扱い をご確認のうえ、同意いただける場合は上記ボタンをクリックしてください。

ログインはこちら
勤務地
アクセス
勤務時間
想定年収
雇用形態
休日・休暇

開発環境・現場

■ 開発環境 ・職種間での隔たりが無く、コミュニケーションの取りやすい組織です ・リモートワークやフルフレックス(コアタイム無し)といった各人に合わせた働き方ができる環境です ・スクラムをベースとした開発スタイルを取り入れており、ワークフローの整理を意識し、毎日の夕会での振り返りなどを通してプロセスを改善しながら進めています ・自社開発SaaSのため、ユーザーからのフィードバックを直接受けることができます ■ チームの雰囲気 ・少数精鋭チームで開発効率と改善とチームのスキルアップをバランスよく実施しています ・定期的なチーム内勉強会など技術研鑽の場が多くあります

このPJ・案件で使われている技術

プログラミング言語
Ruby
フレームワーク・ライブラリ
ReactRuby on Rails
データベース
MySQL
ミドルウェア・ツール
nginxRedis
クラウド
AWSGCPMicrosoft Azure

事業内容の詳細

教育事業者向け学習管理サービス「Studyplus for School」 は2016年のサービス開始以降、学習コンテンツを持たない学習管理のプラットフォームとしてこれまで順調に導入校を伸ばしてきました。 2020年3月にはコロナ渦でオンライン指導の需要が高まった事もあり、期間限定で無償提供を開始し導入規模は大幅に増えました。2022年には大手の河合塾の大学受験コースに導入されるなどユーザーを増やしています。

<主なサービス> ・教育事業者と生徒をつなぐ学習情報プラットフォーム『StudyplusforSchool』の企画、開発、運営