株式会社アイセックの求人・転職・採用 | レバテックダイレクト

株式会社アイセックのトップ画像

株式会社アイセック

ローカライズされた医療ビッグデータを活用し、新潟県の健康寿命日本一を目指す

会社概要

株式会社アイセックは新潟大学医学部との共同企業で、新潟大学発ベンチャー認定企業第1号です。地域の方々の健康寿命を伸ばすことを目的に設立をしました。

当社の事業は大きく3つです。1つ目はデータ分析支援事業で、医療保険者などのデータヘルス計画の遂行や、企業の健康経営推進をサポートします。

2つ目は健康教育事業で、企業・組合・自治体などで実施されている健康教育事業を、受講者の知識レベル向上、そして明日からの健康行動につなげていきます。

3つ目は商品開発支援事業です。一般的に、医療データは医療業界のみに流通しています。当社ではそういったデータを、スーパーマーケット事業者など地域の皆さまの生活に根ざした事業者に連携することで、データ活用できるよう支援します。

会社の魅力

CEOの木村は15歳の時、剣道の恩師をがんで亡くしたことをきっかけに健康を支援する仕事に就くことを決意しました。数年間にわたる恩師の闘病生活を間近で見ていた木村は「人が亡くなる際は、本人も周囲の方々も後悔しないように健康な最期を迎えてほしい」といった思いを抱くようになります。

木村はファーストキャリアとして、新潟県内の健診機関で経験を積みました。その後、東京で株式会社リンケージを立ち上げ、オンライン診療を提供。そして、故郷の新潟で健康支援サービスを提供したいとの思いから同社を退任し、2019年にアイセックを設立します。

当社の特徴の1つとして、新潟大学医学部の生活習慣病の権威の曽根教授が事業に携わっていることが挙げられます。当社は研究室の研究成果を十分に活用することができているのが強みです。

会社の展望

株式会社アイセックは新潟大学発のベンチャー企業のため、大学側からのサポートが手厚いのも特徴です。例えば、新潟市の健康施策のプロモーションに関しては、経済学部のマーケティングを学んでいる学生のインターンを受け入れることを実施したりもしています。ほかにも、今後AI技術を導入する際は、「新潟大学ビッグデータアクティベーション研究センター」の知見を活用することで、ビッグデータへのAIの利活用方法を学ぶことができます。

今後は、現在行っている3つの事業を県内の各地域に展開し、最終的には全県民が私たちのサービスを利用できるようにします。そして、新潟県の健康寿命の延伸にコミットすることで、10年後には新潟県を日本で一番健康寿命が長い県にしたいと考えています。

事業内容

データ分析支援事業

新潟市の医療ビッグデータを分析し、地域に即した施策の立案をすることで、住民の方々の健康にコミットします。

健康教育事業

オンライン健康教育をEラーニングで提供します。「アフターコロナを見据えたイノベーション創出支援事業」にも採択された事業です。

商品開発支援事業

医療業界に流通することが多い医療データを、新潟の皆さまの生活に関連している事業者に連携し、活用を促進します。

勤務地・その他情報

会社名
株式会社アイセック
業種
  • 医薬品・医療機器
  • 人材・教育
  • その他
本社所在地

東京都新宿区新小川町4-16飯田橋 プラレールビル3F

代表者
各務 茂夫

株式会社アイセックから
スカウトが届くか、診断してみませんか?

株式会社アイセックの他、
貴方のご経験でどんな企業からスカウトが届くか、
簡単な質問から判定します!

スカウト診断(無料)

経験のある職種を教えてください(複数選択可)

同じ職種の求人