株式会社Rehab for JAPANのエンジニア求人・転職・採用 | 【介護テックSaaS】バックエンドエンジニア募集※リーダー候補

株式会社Rehab for JAPANの求人画像1
株式会社Rehab for JAPANの求人画像2
株式会社Rehab for JAPANの求人画像3
マッチ率

【介護テックSaaS】バックエンドエンジニア募集※リーダー候補

2024/5/28 更新

サーバーサイドエンジニア、システムエンジニア

東京都

580-680万円

Spring Boot

自社サービスありリモートワーク可服装自由副業可オンライン選考可フレックス制度あり新技術に積極的ベンチャー企業残業月20時間未満

事業概要

■科学的介護ソフト「Rehab Cloud」の企画・開発・提供 ■オンラインリハビリサービス「Rehab Studio」の企画・開発・提供 ■AI等を用いた介護関連テクノロジーの研究開発

仕事内容

■業務内容 ・プロダクトマネージャーやチームリーダー、他エンジニアとサービスの仕様策定 ・基本設計、テーブル設計、帳票設計、処理フロー定義、バッチ設計、ステータス設計 ・開発メンバーへの要件及び基本設計の伝達 ・実装・レビュー、テスト ・リリース ・メンバーフォロー ・仕様確認、不具合調査 ・エンジニアリング工程の整備・改善 ・SREと連携、基盤の整備、改善、パフォーマンス監視、改善 ・障害対応、CS連携、対策検討・推進

■仕事の魅力 ・自分の親世代、将来必ず直面する介護という社会課題解決への取り組みが出来ます ・プロダクトチーム・カスタマーサクセスとともに、チームでのサービス開発・運用ができます ・リリースサイクルは短く、自分のリリースした修正、開発した機能に対しユーザーからのフィードバックがもらえる体制があります ・サービスは拡大期であり、ユーザーの増加、機能の追加など自分自身の力で事業の成長に対する貢献を感じることができます

※職種は、将来的に会社の定める業務へ変更となる場合があります。

求められるスキル・人物像

■ 必須スキル/経験 ・チーム開発、サービス運用実務3年以上 ・独力で業務を遂行、他メンバーをフォローした経験 ・サービス障害対応を先導切って対応・完了まで持っていった経験 ・独力で基本設計した経験

■ 歓迎スキル/経験 ・エンジニア以外との業務上のコミュニケーション ・API開発経験 ・開発チームリーダー経験 ・Java/Sprint Frameworkを使った開発経験 ・工数見積

■ 求める人物像 ・弊社のビジョン、ミッションへの共感 ・弊社の文化や価値観の理解(https://rehabforjapan.com/mission/) ・子供や孫世代の社会課題を解決する、価値ある新規事業の創造に興味関心を持つ方 ・チームワークを大事にし、向上心を持って仕事に励んでいただける方 ・複雑なドメイン知識を理解し、より良いサービスを探求できる方 ・品質の高いソフトウェアおよびサービス開発への探求心がある方 ・サービス開発のために意欲的に学び、アウトプットに繋げてくれる方

勤務地・給与・その他情報

想定年収、待遇・福利厚生、
選考プロセスなどを確認するには会員登録が必要です

利用規約 および レバテックID利用規約 個人情報の取り扱い をご確認のうえ、同意いただける場合は上記ボタンをクリックしてください。

ログインはこちら
勤務地
アクセス
勤務時間
想定年収
雇用形態
休日・休暇

開発環境・現場

【開発部の体制】 CTO -開発部部長 -リハプラン開発チーム -デイリー開発チーム -レセプト開発チーム -動画解析AI開発チーム -技術横断チーム -データ基盤チーム -情報システムチーム 【他部署連携】 CPO -プロダクト部部長 -各サービス担当PdM 案件やプロジェクトによって全員が企画段階から主体的に関わり、顧客のためにより良い解決策を考える共創する組織です。 ■ 開発ポリシー 1.機能を実装するのではなく、問題を解決する AI/IoTなどテクノロジーの活用もあくまで手段でしかない。プロダクトのリリースはゴールではなく、その先にいる顧客が機能を使いこなし、問題が解決されるまでの社会実装がゴール。プロダクト以外の顧客接点も含めてデザインする。 2.長期的視野、逆算思考で進化を積み上げる 私たちが立ち向かうマーケットは、レッドオーシャンな陣取り合戦ではない。顕在化してない顧客ニーズも正確に捉え、進化を着実に積み上げる必要がある。短期的な事業成長だけではなく、長期的な生産性を意識し健康的にものづくりをする。 3.役割を超えて、顧客のために共創する 顧客からみれば、私たちは一つの塊でしかない。プロダクトマネージャー、デザイナー、エンジニアはもちろん、マーケティング、セールス、サポートに至るまで、全員が企画段階から主体的に関わり、顧客のためにより良い解決策を考える。 開発の進め方 ①新機能開発 CPOが全体のプロダクトロードマップを策定します。ロードマップの優先度に応じて、PdMが起案、WF・デザインを作成して現場のエンジニアやビジネスサイド(元現場出身メンバーやかカスタマーサクセス)に感想を聞きながら仕様の詳細を詰めて、それをタスクに分解してエンジニアに引き継ぎます。 ②既存機能改善 ビジネスサイド(主にカスタマーサクセス)から開発チームに「こんなことで困っている」「不具合報告」がチケット化され、関係者間で対応方法が話し合われた後、エンジニアが仕様に落とし込み対応します。 言われたものを作るのではなく、背景を理解しながら、企画段階からPdM・エンジニア間で意見交換が積極的に行われます。 ◆開発フロー 案件の大きさによってスクラムとウォーターフォールを組み合わせています。 基本的には、スクラム開発を行っており、2週間1スプリントをベースとし、スプリントプランニング、毎日のデイリースクラム、2週間に1回ロングスクラム、最終日にスプリントレビューと振り返りを行います。

このPJ・案件で使われている技術

プログラミング言語
TypeScriptJava
フレームワーク・ライブラリ
jQuerySpring Boot
データベース
MySQL
ミドルウェア・ツール
DockerCircleCIDatadog
クラウド
AWS
プロジェクト管理
GitHubConfluence
支給PC
Mac

得られる経験・キャリアパス

■入社して直近半年でお任せしたいこと - リリースに向けたサーバーサイドの設計、実装、テストの遂行およびそれらをリード - 開発進捗およびチームメンバー(3~5名程度)のマネジメント - プロダクトの運用監視・改善

■入社して一年後などの将来的にお任せしたいこと - プロダクト開発チームのマネージメント - 開発ロードマップの策定と実現に向けた開発チーム体制強化 - プロダクトのセキュリティ・品質強化 - エンジニアリング基盤改善

事業内容の詳細

当社は、「介護に関わるすべての人に夢と感動を。」というビジョンの実現に向けて、介護事業者の業務を効率化し、利用者のアウトカムを追求するSaaS型のプロダクトを提供しているスタートアップ企業です。

世界でも類を見ない超高齢化社会と言う日本において、2025年には約30兆円市場にまで拡大する介護ヘルスケア業界(※)はITの活用が進んでおらず、進化が遅れています。 私たちは事業を通じて「元気な高齢者を増やしたい」という想いと、デジタルと手触り感のある「新しいあたりまえ」を創りたいと考えています。

具体的には、介護事業所のあらゆる大量の紙データをデジタル化し、介護事業所のDX化を推進しながら、高齢者の日常生活までをデータで捕捉・AI/動画解析の技術を活用し、一人一人に合ったリハビリ提案を磨き、健康寿命の延伸に向けた「エビデンスに基づいた科学的介護」の実現を目指しています。

この「エビデンスに基づいた科学的介護」の実現に向けて、リハビリ支援SaaSプロダクトの一つとして、動画解析AI技術を用いて介護業界に新たな価値を生み出すプロダクトの実現・リリースに向けて開発を進めています。 まだ市場が出来上がっていない領域なため、MVPの考えと開発スピードを大事にするために少数精鋭で開発を進めながら、MVPを目指して今後もプロダクトを継続的に成長させ、事業をさらに成長させていくために、共に社会課題解決にチャレンジしたいエンジニアを求めています。

※<出典>2018年4月18日 次世代ヘルスケア産業協議会 事務局(経済産業省)「次世代ヘルスケア産業協議会の 今後の方向性について」より