EY新日本有限責任監査法人のトップ画像

EY新日本有限責任監査法人

AIの活用とオートメーションで、未来の監査と新たな価値を創る監査法人

会社概要

テクノロジーを活かした会計監査で社会へ安心を届ける、日本最大級の監査法人

EY新日本有限責任監査法人は、 EY(Ernst&Young アーンスト・アンド・ヤング)の日本におけるメンバーファームであり、監査および保証業務を中心に、アドバイザリーサービスを提供しています。 EYの理念「Building a better working world~グローバルな経済社会の円滑な発展に貢献する監査法人~」に沿って、ステークホルダーが安心して財務諸表を利用できるよう、財務諸表に信頼性を付与することで、資本市場の安心と信頼を維持すること。そして監査、非監査サービスを通じて、企業の経済活動や資本市場での取引が、参加者の間で円滑に行われるようにすることが私たちの果たすべき役割です。 EY新日本は、国内の大手監査法人と比べても監査クライアント数が多く、なかでも上場クライアント数は約900社におよびます。

テクノロジーの進化は社会を変化させていますが、監査の世界も例外ではありません。監査先企業での先端テクノロジーやデータの利活用を通じたデジタルトランスフォーメーションが進んでいるように、私たちEY新日本でも次代の監査・保証サービスを提供するビジネスモデル(※)への変革を進めており、その中でAIやRPAなどの先端テクノロジーや非常に多くのデータを活用しています。

この新たなビジネスモデルを実現させるため、2020年7月に理事長直轄の組織として「アシュアランスイノベーション本部」を設置しました。その中でも特徴的なのがAIラボとCoE推進部です。監査業務のデジタル化を加速させるため、AIラボでは、監査先企業のERPシステムへの常時接続によるリアルタイムなリスク識別の仕組みや異常検知のプロダクト開発を推進しています。CoE推進部では、オペレーション・アナリティクス・オートメーションの3つのCoE(Center of Excellence)を作り、監査業務をプロセスごとに集約。公認会計士のほか、エンジニアやデータサイエンティスト、監査アシスタントなどがそれぞれの専門分野を担当することで業務の標準化・自動化を行い、生産性および監査品質のさらなる向上を目指しています。

このほかに、EY新日本では利活用が進むテクノロジーに対して、第三者評価を行い、保証する次代のデジタル保証サービス「Digital Trust」も提供しています。

EY新日本では、2023年までにデジタル人材(テクノロジー人材など多様な専門家のほか監査プロフェッショナル含む)800名をアシュアランスイノベーション本部に集中化して体制強化し、変革を推進しています。

※「Assurance 4.0 - Assurance Innovation, EY Japan」について  http://digipub.eyjapan.jp/assurance-innovation/assurance4-0/

会社の魅力1

EY新日本有限責任監査法人のAIラボには、約30名が所属。CoE推進部のオートメーションチームには、約10名が所属しています。

AIラボでは、財務データを用いた不正発見のための異常検知のプロダクト開発や、監査先企業のERPシステムと異常検知システムの連携プラットフォーム開発などを展開。会計士、データサイエンティスト、エンジニアが一つのプロジェクトチームとなり、互いに知識を共有・吸収しあい、プロジェクトを推進しています。

海外チームとの連携の機会も多く、日本で企画・開発したプロダクトがEYの世界各国の監査で利用されています。EY海外拠点から日本に駐在している方と一緒に進めるプロダクトや、アメリカ、インド、ドイツ、イギリスなどの開発・運用チームと共同開発を行っているプロダクトもあり、多様性・変化・チャレンジに富んだ環境です。

CoE推進部オートメーションチームにおいては、デジタルテクノロジーを用いた監査業務の自動化を目指しています。自動化範囲の検討からリリースに至るまでには、業務やデジタルテクノロジーに加え既存システムの把握が必要となるため、法人内の様々な部署とコミュニケーションをとりながらプロジェクトを進めています。チームメンバーの役割は業務分析、システム設計、プロジェクト管理など多岐にわたりますが、非常にコミュニケーションスキルの高いメンバーで構成されているのが特徴です。

会社の魅力2

私たちのビジネスの変革に伴い、今後ますます重要な役割を担うエンジニアやデータサイエンティストなど、公認会計士以外の多様な人材に向けて、2021年7月より新しい人事制度を導入し、育成の強化やキャリア形成の支援を行います。

新人事制度では、キャリアフレームワークとして定義された職種・ランクごとに求められるスキルや行動基準の達成度、業務上の成果や組織への貢献度等に応じて評価し、処遇へと反映。これによりエンジニアやデータサイエンティストなどの人材を適切に評価し、また転職市場での市場価値に整合する報酬水準を実現していきます。

育成面では、オンライン研修、社内認定プログラム(EY Badges)やEY Tech MBAなどEYが全世界で展開するプログラムが利用可能。いずれもテクノロジー、ビジネス、リーダーシップ3つの重要要素を含み、スキルアップや業務に必要な知識を学ぶことができます。

EYは会計事務所ではありますが、世界全体ですでに4万5千人以上のエンジニアやデータサイエンティストなどがそれぞれの分野で活躍中。入社後のキャリアパスは幅広く、メンバーの一人ひとりが個性や能力を最大限発揮できるよう積極的にサポートしていきます。

社員の声

  • グローバルな環境でチャレンジすることができる

    ITの世界は海外から情報が発信されることも多いため、個人的に英語の学習を進めていていく中で、次第に実際に海外の人とコミュニケーションをとりながら仕事をしてみたいとい気持ちが芽生えました。しかし、機会はそう多くはありませんでした。 そんな折、当社に入社した後、会社にその希望を伝えたところ、実際に海外と協力して新規のプロジェクト開発チームの配属になる機会を与えてもらいました。 実際に海外の人と業務を進めていくうえで必要なことは、英語によるコミュニケーションを取ることだけではありません。様々な国から人が集まるチームの中で、相手の文化やビジネスルールを理解することも求められます。 仕事を通して、開発プロジェクトの進め方一つをとっても、様々な視点や考え方があることを発見することができます。また、各国の慣習を理解し、身に着けることができることも魅力の1つです。

    エンジニア

  • グローバルな環境で働くことができる

    現状に満足することなく常に新しいことにチャレンジしていくための環境があると思います。チャレンジすることが自身の成長につながり、それが次の新しいチャレンジへのモチベーションとなると実感しています。 また、一緒に働く人たちもみな雰囲気がよく、きちんと対応してもらえることもあり安心して働ける環境だなと思います。

    サーバサイドエンジニア

  • 常に新しいことにチャレンジしながら、安心して働ける環境

    現在のプロジェクトでは、.Net Coreを利用しWebサイトの開発を行っています。要件定義を行うフェーズでも、海外の方も交えて議論を行っています。技術力だけではなく、英語力も磨ける環境であると感じています。

    IT PMO

事業内容

▼監査・保証業務

保証業務(法定監査、任意監査、各種保証業務)、財務会計アドバイザリーサービス(FAAS)、統合報告・環境報告に関するサポート(CCaSS)、不正対策・係争サポート(Forensics)、その他

勤務地・その他情報

会社名 EY新日本有限責任監査法人
従業員数 5460人
業種
  • ITコンサルティング
本社所在地 東京都千代田区有楽町一丁目1番2号
東京ミッドタウン日比谷 日比谷三井タワー
代表者 片倉 正美
設立年月 2000年4月
資本金 1,060百万円
URL https://www.shinnihon.or.jp/

EY新日本有限責任監査法人の求人・転職|レバテックダイレクト

EY新日本有限責任監査法人

  • アプリケーションエンジニア
  • 600-1200万円
  • 東京都 (日比谷駅)