デジタルアーツコンサルティング株式会社のトップ画像

デジタルアーツコンサルティング株式会社

強い顧客志向と社員への利益還元を掲げた2016年設立のコンサルティングファーム

企業からスカウトが届く 無料会員登録 企業からスカウトが届く 無料会員登録

会社概要

セキュリティ領域を中心に、日本発世界基準のコンサルティングサービスを提供

デジタルアーツコンサルティング株式会社は、インターネットセキュリティ関連のソフトウェア及びアプライアンス製品の企画・開発・販売を行うデジタルアーツ株式会社の子会社として、2016年4月1日に設立された企業です。

コンサルティング事業ではクライアントのDX化を通した変革に向け、IT事業戦略・計画策定から実行までワンストップで支援するCIOサービスを展開。セキュリティリスクに対するセキュリティ診断・分析、ソリューションの提案、実行支援までを行うCISOサービスも提供しています。 デジタルソリューション事業は、当社のサービス領域拡大に向けたデジタルソリューションの発掘と、ソリューションとコンサルティングサービスの掛け合わせによる付加価値の向上を担っています。

取引先は、保険会社やメーカー、SIerなどの大手企業が中心。地方自治体からのニーズも多いです。全体で占める率は大きくないものの、親会社の顧客から案件が発生することもあります。 特に現在は新型コロナウイルスの影響でテレワークが広がり、セキュリティへの危機意識が高まった企業が増加。急激な需要の増加に対応するため、エンジニア、コンサルタント、セキュリティ関連の職種を中心に採用を進め、2019年は19名だった社員数を2020年には58名に増員しました。2021年には80~100名ほどの規模になる見込みで、第二創業期を迎えている最中です。

セキュリティは、強化されるほど「セキュリティを破る」側もより高いスキルで突破しようとするのが実情です。クライアントに安心・信頼を抱いてもらうためにも、ニーズや世情に合わせた最良のサービスを提案できるよう、情報のキャッチアップに注力。新しい製品の導入や、既存製品・サービスとの掛け合わせなどにも柔軟に対応していきます。 今後は特にテレワーク増加により問い合わせが増えた特権ID管理の領域を中心に、日本発の世界に通用するサービスの開発に注力する予定です。

会社の魅力1

デジタルアーツコンサルティングの社員数は58名で、そのうちコンサルタントが31名、エンジニアが24名活躍しています。 ただし、当社ではコンサルタントとエンジニアの業務内容は厳密な違いがなく、「コンサルティング業務3:エンジニア業務7」というように各職種の業務比率で分かれているのが特徴です。 どちらの業務も行うことでお互いの職種をリスペクトできるうえ、キャリアビジョンが開けるといった相乗効果があります。社内でそれぞれの職種へキャリアチェンジできるなど融通の利く環境で、スペシャリストとして活躍できるようになってから、コンサルタントになることも可能。キャリアチェンジした結果、元の職種に戻りたくなった場合も、柔軟に対応しています。

入社後に参画する案件は、稼働が途切れないことを前提に本人の希望と適性を第一に考えて検討し、内定を出した段階でお伝えしています。 一人の社員が上流から下流まで一貫して携わるため、業務の視野が広がるのも当社で働く魅力です。 1つの案件に対して、2~5名のチームが編成されます。2~3ヶ月程度の案件が多く、中には1ヶ月程度の小規模案件も。その一方で、中期的な経営の視点からDXや業務改善を行うために、創業年から進めている大きなプロジェクトもあります。担当案件数は一人あたり1件になるよう調整。多くても2件までとしています。 なお、基本的にはテレワークですが、ネットワーク関連のプロジェクトの場合やクライアントが対面でのやりとりを希望される場合などは客先へ行くこともあります。

入社後の教育は基本的にOJTで、月に1回、若手を中心とした勉強会を実施。その時に携わっているプロジェクトや製品、本人の得意領域などに関してプレゼンを行い、知識の共有やプレゼンの練習を図っています。 また、資格取得支援ではセキュリティ プロフェッショナル認定資格制度(CISSP)なども対象とし、講義費用や受験費を支給しています。

評価は年に1回、3月末に実施。評価基準は、定量的評価として稼働率や稼動に対する売上を、定性的評価としてチーム内の関わりなどを設けています。PMとラインマネージャーが一次・二次評価をし、シニアマネージャーとCEO、人事が最終的な評価を決定する流れです。

会社の魅力2

デジタルアーツコンサルティングは「圧倒的な成果をクライアントに届けるとともに、 新たなコンサルティングビジネスにおける価値を創造する」という存在意義を掲げています。 ミッションは「クライアントの想いを実現する」「自らを絶えず変革し、クライアントの想像を超える」「未来の価値あるビジネスを創る人材を輩出する」の3つ。これらを叶えるため、社員一人ひとりが「この一瞬をお客様第一で考えたとき、成すべき行動は何か」「チームで成果を出すにはどう行動するのが良いか」「物事を自分のこととして捉えられているか」といった観点に基づいて行動できているかを重視しています。

社内には、新卒・中途の違いや、勤続年数などにも関係なく意見交換ができるフラットな社風があります。 月に一度開催している経営会議には新入社員を含めた全社員が参加することになっており、売上などの数字を把握することが可能です。その数字を参考に、目標達成や会社の発展のために一人ひとりが自分ができることを考え、お互いに意見を共有し、全員で行動に移していく文化が根づいています。また、数字を意識することで、クライアントの経営に対する提案にも役立っています。

一般的なコンサルティングファームとしてのロジカルさもありますが、それ以上にエモーショナルに、人と人との関わりを大切にしているのが当社の特徴です。 困難な状況であってもできない理由を考えるのではなく、どうやったらできるかを考え、最後までやりきる人を歓迎。自分のことだけでなく周りも気にかけ、チームワークを重視できる人を理想に掲げています。

企業からスカウトが届く 無料会員登録 企業からスカウトが届く 無料会員登録

事業内容

▼デジタルソリューション事業

今後提供価値が高まるであろう可能性を秘めたデジタルソリューションの発掘を行っています。また、コンサルティングサービスと掛け合わせてクライアントにとっての価値の最大化を図っています。

▼コンサルティング事業

クライアントのIT戦略の策定やDXの推進、セキュリティサービスの提供など、豊富な知見を活かした、包括的なコンサルティングサービスを提供しています。

勤務地・その他情報

会社名 デジタルアーツコンサルティング株式会社
従業員数 54人
業種
  • コンサルティング
本社所在地 東京都千代田区大手町1-5-1
大手町ファーストスクエアウエストタワー14F
代表者 松本 忠雄
設立年月 2016年4月
資本金 73,000,000円
URL http://con.daj.jp/

デジタルアーツコンサルティング株式会社の求人・転職|レバテックダイレクト