株式会社ヴァル研究所

PICK UP

『駅すぱあと』事業やMaaS事業を行う老舗ベンチャー企業

株式会社ヴァル研究所は、『駅すぱあと』などの自社開発製品をベースとした事業を展開する老舗ベンチャー企業です。近年は新たにMaaS事業に取り組んでおり、さまざまな企業・団体と協業しつつ、移動における課題解決に取り組んでいます。 社名のヴァル(VAL)研究所は、「Very Advanced Language=より進化したコンピュータ言語を研究・開発する」という創業当時の事業目的を表現すると共に、 「VALUE=当社が顧客・社会・社員に対して新しい価値を創出する企業である」ことを表しています。

当社では、企業の業務効率化や経費節減に役立つサービスを提供しており、具体的には、0円から利用できる経路検索・運賃計算・時刻表のAPI『駅すぱあとWebサービス』や、カレンダーに登録された打ち合わせの予定から行き先を特定し、『駅すぱあと』のシステムを使って経路を検索できる『RODEM』などの法人向け製品を展開。これらの製品はあわせて12万社以上の企業や官公庁に導入いただいており、クライアントから高い信頼を獲得している点が特長です。その他に、『駅すぱあと for iPhone/Android』、『駅すぱあと for Web』などの個人向け製品も展開しています。

その一方で、1976年の創業から40年以上が経過した現在でも、開発には新しい技術も積極的に採用するなどフットワークの軽さも魅力です。

事業内容

▼駅すぱあと関連事業

法人・個人向けにナビゲーションサービス『駅すぱあと』ならびに関連サービスを開発・提供しています。

▼広告事業

ユーザーの位置情報に基づく広告配信を行う検索結果連動広告『Adgram』などを提供しています。

▼MaaS関連事業

MaaS向け複合経路検索API『mixway API』を開発・提供している他、MaaSに関するコンサルティング、サービス設計・開発・運用も行っています。

会社の特徴

【特徴①】エンジニアそれぞれが大きな裁量を持ち、活躍できる環境

当社のエンジニアの平均年齢は39歳で、総勢10名ほどのチームの中で、4~5人のユニットを組んで業務を進めています。開発環境や開発手法はそれぞれのサービスで、それぞれのユニットで良いと思うものを選択しています。

当社にはインフラエンジニアも数名おりますが、プロダクトの作成やリリースに関しては開発エンジニアがインフラも含めて責任を持ったり、入社2~3年目の若手社員も積極的に提案をしたりと、幅広い業務範囲が特徴です。マイクロマネジメントは行っておらず、一人ひとりの自己管理の元、裁量を持って活躍しています。 その一方で、社員同士の交流は盛んで、年齢や社歴に関係なく誰でも話しやすい雰囲気です。チャットや社内SNSなどさまざまなコミュニケーションツールを用いて、開発についてはもちろん、お客様への対応なども気軽に共有・相談しています。 『駅すぱあと』は発売から30年以上運用をしているため、経路の検索技術などの特定ドメイン部分の深みは他社にはない魅力です。クラウドへの取り組みも早く、AWSなどについてのノウハウを蓄積してきました。さらに、コミュニティや外部イベントへの参加を通して技術力の向上や他社との関係性構築にも取り組んでいます。また、社内のアジャイル開発を推進するアジャイル推進委員会をはじめとして、チームや会社の枠を超えた活動も行っています。主体的に業務・職場の改善に取り組む意欲のあるメンバーが集まっている組織です。

【特徴②】自社API『mixway API』を中心としたMaaS関連事業を新規に展開

当社では、今後のさらなる規模拡大に向けて、MaaS領域への展開を強化しています。 MaaSとは、「Mobility as a Service」の略です。電車やバス、飛行機など複数の交通手段を乗り継いで移動する際、それらを跨いだ移動ルートの検索は可能となりましたが、予約や運賃の支払いは各事業者に対して個別に行う必要があります。 この仕組みを、手元のスマートフォンから「検索~予約~支払」までを一括で行えるように改め、ユーザーの利便性を高めることはもちろん、移動を効率化することにより、交通渋滞や環境問題の解決へも役立てようとする考え方がMaaSです。 MaaSは、国内外の大手鉄道会社や自動車メーカーも注目しており、将来的に大きく市場の伸びが期待される領域です。これに対し、当社では『駅すぱあと』をベースに鉄道やバス、タクシー、シェアサイクル、デマンドモビリティに対応したマルチモーダルな経路検索を容易に組み込める自社API『mixway API』を活用するなどして、交通事業者や地方自治体向けの開発を行っています。

当社のビジョンでもある「思考の一歩先を提供する」とは、人が考え、行動を起こす前に、その人にとって適切な情報を先回りして提供していくことです。当社は、変化する社会の中で、今の時代に最適なモビリティサービスの提供にチャレンジし、イノベーションによって活力に満ちあふれた社会の実現を目指します。

【特徴③】社内見学実績のべ1000名以上!ノウハウと充実した仕事環境がスキルアップを支援

当社は、タスクの見える化により業務の効率化や改善につなげる活動を地道に行い、さまざまなWebメディアやセミナーなどで発表してきました。その結果、「ぜひその取り組みを見せてください!」と他社からの社内見学の依頼が徐々に増え、今ではのべ1000名以上の社内見学実績があります。 その他、AWS系の大きな講演で登壇経験のある社員も在籍しています。技術面はもちろん、組織や経営などの知識が豊富な社員も活躍しているので、社内で困ったことを相談すれば、誰かしらからさまざまな角度の答えが返ってくる環境です。

オフィス内ではオカムラ社の「バロンチェア」という人間工学に基づいた椅子を使用するなど、社員が快適に働ける環境を整備しています。 さらに、勤務制度については、フルリモートかつフレックスタイムを導入しています。 その他の福利厚生として、年間2万円の書籍購入の補助制度、外部セミナー受講の際の補助制度などの自己啓発支援があります。加えて、社内勉強会として、エンジニアのみならず、営業やバックオフィスも合わせた情報交換会や、スキルマップ研修という計画的にビジネスマンとしてのスキルを習得していく場も設けられています。

社員の声

  • ちょっとした問い掛けに真剣に返してくれる会社

    私は中途入社なので、入社後すぐ様々な案件を担当することになりました。スピード感を持った対応が求められる中、社内のことでまだまだわからないことが多い時、全社員が見ているSlackのチャンネルに質問を投げると、すぐに数人の社員がレスをくれました。またある時にはSlackでアイデア募集をさせていただいたところ、10人近くの社員から、数十件に及ぶ返信が来ました。困ったことはみんなで解決していこうという気概を感じて、入社してよかったと思いました。

    営業担当(30代)/中途入社

  • 一味異なる受託開発

    現在MaaS分野では受託開発の案件が多くなっています。一般的に受託開発は「苦しい納期、言いなりの開発」というイメージが強いですが、ヴァルの場合は交通事業者や地方自治体などからの1次請け案件が基本で、案件によっては企画から一緒に携わることができるため、技術選定などの自由度は高いです。ヴァルのエンジニアは基本的にインフラから開発運用までフルスタック的に担当するのが基本な上、お客様とのやり取りまで経験できるので、技術的にもビジネス的にも、幅広い経験を積むことができます。逆に一点集中したい方には向かない環境かもしれません。

    Webエンジニア(30代)/中途入社

  • 個性豊かな社員。でも…

    ヴァルには個性的な社員が多いです。JR全線制覇してる鉄ヲタ、自席にPS4置いてるCTO、子育てしながら奮闘しているお母さん管理職…それ以外にもSlackの絵文字はどんどん増えちゃうし、挙げるとキリがないですが、共通点は”真面目”なところですかね。楽しむところは楽しむ。でもやるべきことはちゃんとやる。だからお客さんに強い信頼を寄せてもらえるのだと思います。 (後日談)確認したらSlackの絵文字は1,200個超えてましたw

    エンジニア(40代)/新卒入社

勤務地・その他情報

会社名 株式会社ヴァル研究所
従業員数 162人
平均年齢 40.3歳
業種
  • インターネット
  • ソフトウェア
  • 広告・デザイン・イベント
本社所在地 東京都杉並区高円寺北2-3-17
高円寺NKビル
代表者 菊池 宗史
設立年月 1976年7月
資本金 41,000,000
株式公開 / 
証券取引所
非上場
URL https://www.val.co.jp/

同じ業種の求人

株式会社ヴァル研究所の求人・転職|レバテックダイレクト