株式会社HIKKYのトップ画像

株式会社HIKKY

「VR Awards」マーケティング部門最優秀賞を受賞!世界が注目するVR企業

会社概要

日本最大級のVRイベントを開催し、VRの魅力を世の中に広めている会社です

株式会社HIKKYは、2018年5月1日に設立されました。VRを中心にAR、MRなどのXR関連事業を展開し、BtoCと BtoBの双方向にサービスを提供しています。 2020年のVR国際表彰式「VR Awards」のVRマーケティング部門で最優秀賞を受賞するなど、世界からも注目を集める企業です。

BtoCのサービスでは、主にVRを用いたイベントの開催をサポート。 例えば、『バーチャルマーケット』は仮想空間上で開催される展示即売会で、ユーザーは3Dモデルやアバターの展示、閲覧、購入ができます。 ほかに、『ComicVket0』は、2020年からスタートした仮想空間上での同人即売会であり、来場者はのべ2万5000人、80サークルが出展しました。 さらに、自社キャラクターを展開する『モクリプロジェクト』や、電撃文庫のVRファン感謝イベント『電撃文庫 秋の祭典VR』なども行っています。 BtoBのサービスでは、企業様のVRイベントやARイベントをサポート。 ARを使用し、自宅からお店にいるように商品を見て買い物ができるサービス『ARTANA』を展開しています。

現在は新型コロナウイルスの流行を機に事業の需要が拡大中です。 設立時からVR事業に注力していたため多くの技術を蓄積しており、他社よりも規模の大きいVRサービスを提供できる点が当社の強み。 1つのVRイベントで提供する体験量が多く、たとえば企業様であれば70社のコンテンツ、ユーザーには1000グループが出店できる場を用意することが可能です。加えて、効率的にサービスを提供するシステムを独自で開発し、多くのユーザーが楽しめる体験設計のノウハウもあります。

このように、VRに関する幅広い領域で事業を展開してきた当社は、VRに触れたことのない方々に対しての入口としての役割を果たしており、今後もそのような役割であり続けたいと考えています。 VRを体験するためには、高スペックのPCや専用の機器の用意が必要といったハードルが高いイメージがあります。そのため、現在はWebとVRを繋ぎ込む部分に注力するなどして、たくさんの方々とVR空間の接点を増やす取り組みをしています。 その一例として、Web上の仮想空間で有名人に会えるなどの、Webサイトのみで楽しめるVRコンテンツも作成しています。 VRの魅力を本格的に体験するためにはハイエンドなハードウェアが必要になりますが、まずは多くの方が参入しやすいWebコンテンツを提供し、ユーザーが本格的なVR体験に興味を持つきっかけ作りをできればと考えています。

会社の魅力1

HIKKYには約25名の社員が在籍しています。エンジニアは業務委託の方も含めて12~13名で、うち7名が社員で構成されています。

担当するプロジェクトはVRイベント開催がメインで、大規模なもので7ヶ月、小規模なもので4~5ヶ月の期間をかけて制作。 イベント制作時は業務委託のエンジニアやデザイナーを80人ほど雇用するため、当社で社員として働く方にはマネジメント能力が求められます。

例えば、『バーチャルマーケット』では、出店する企業様のブースの制作がメイン業務です。ブースには各企業様のこだわりを反映しており、クライアントがIPホルダーの場合は監修つきで制作することもあります。テック企業様の場合は技術にこだわりを持っていることが多いため、技術をアピールできるようなブースを制作しています。

開発チームは大きく3つに分かれており、WebGLチームは、Webブラウザから簡単にアクセスできるVRエンジンの開発を担当。アプリケーションなど、一般の方がVRにアクセスしやすいシステムの構築を行っています。 Webサービス開発チームは、VRイベントと連携するECサイトを開発しています。 Unityの機能拡張のチームは、大規模イベント制作の際にコンテンツを自動で作成するツールの開発を担当しています。

VR領域に関する豊富なノウハウを有する当社は、日本トップクラスのVR技術を体験・学習することが可能。描画エンジンを自社開発していることも当社の特徴で、ゲームエンジンの開発に長く関わった技術力のあるエンジニアから知識やスキルを学ぶことができます。

会社の魅力2

HIKKYでは新型コロナウイルスが流行する前からリモートワークを導入しており、社内でアバター文化が浸透している点が特長です。扱っている事業の特性上、本人性にこだわらない風土があり、顔を出したくない、人と喋りたくないというメンバーがいても問題視することはありません。

創業メンバーの一人であるフィオは「バーチャル空間で生きていける世界を作る」ことを目標として掲げており、当社でCVO(Chief Virtual-Marketing Officer)を務めながら、Vtuberとしても活躍しています。 フィオは前職で内因性のうつ病に罹患し、外出恐怖症も併発するという経験をしました。通勤する生活ができない状況の中でVR空間と出会い、「どんな姿にもなれて、ゼロからなんでも作れる」と大きな可能性を見出してVRの世界に参入。 VR空間や動画サイトでアバターをまとい、人々とコミュニケーションを取ることで、「バーチャル空間の中でなら、距離や外見や性格、持って生まれた障害や持病などの壁を超えることができる」と実感し、現在に至ります。 フィオは自己紹介でも本名を出さず、打ち合わせにも美少女のアバターを使用して出席しており、当社の社風を象徴する存在となっています。

当社は「人の創造性を、既存の価値観から解き放つ」をミッションとしており、クリエイティブが適切に評価される環境づくりを目指しています。 基本的にクリエイティブは既得権益に守られており、変化が進みづらい中、そのような縛りのないVRは今までにない価値観の創造が可能です。 役員4人のうち3人がクリエイターで、さらにスタッフにもクリエイターが多いため、クリエイティブに対する意識が高く、ユーザーからの見え方に対する強いこだわりがあります。

社員の声

  • 裁量を持っていろんな事にチャレンジできる環境です

    課題に対して、裁量を持ってボトムアップで対応できる環境です。 完全リモートで働いている関係上責任は伴いますが、自由に働く事ができています。 また、上流工程の対応をする機会が多いので、将来マネージャー層を目指している方にはとても有意義に過ごせる環境です。

    フロントエンド・サーバーサイドエンジニア/Webサイトシステム開発部門/2020年12月入社

  • 新しいことに挑戦できる環境

    バーチャルの世界で生活や仕事をしていくという、少し前なら絵空事だったことの実現をビジョンとして掲げていることもあり、新しい発想や新しい技術を常に求め、面白そうだと思えばチャレンジしていく社風です。 また、バーチャル空間を基軸にしていることもあって、年齢差や上下関係をあまり感じず自由闊達に話し合える、学校のクラブ活動のようなフレンドリーな雰囲気です。

    プログラマWebGLエンジン開発/システム開発部門/2020年9月入社

事業内容

▼VR・ARソリューションの開発・提供

VRイベントで培った技術やサービスを、企業様向けソリューションとして提供します。

▼VRイベントの開催

日本最大規模のVRイベントの企画・開催を行います。仮想空間上の展示即売会や同人誌即売会を開催します。

勤務地・その他情報

会社名 株式会社HIKKY
業種
  • 広告・デザイン・イベント
  • AR・VR・MR
本社所在地 東京都渋谷区東3丁目24-2
恵比寿STビル2F
代表者 舟越 靖
設立年月 2018年5月
資本金 2,750,000円
URL https://www.hikky.life/
スカウトの92%が面談/面接確約!
レバテックダイレクトなら、2分でできるスキル入力で
スカウトが受け取り可能になります
メールアドレスで登録する
半角英数+記号(_-.)8〜40文字

利用規約 および 個人情報の取り扱い をご確認のうえ、同意いただける場合は上記ボタンをクリックしてください。

機械学習であなたが入社後に活躍できる求人を提案します! 機械学習であなたが入社後に活躍できる求人を提案します!

株式会社HIKKYの求人・転職|レバテックダイレクト