株式会社FOLIO

「資産運用をバリアフリーに」、プラットフォームを提供するオンライン証券

株式会社FOLIOは、2015年12月に創業したオンライン証券会社です。国内株を取り扱う独立系証券会社としては、10年ぶりの新規参入企業であることに加えて、2018年1月時点で、累計91億円の資金調達をしたことでも大きな注目を集めました。

Product事業として主に4つのサービスを提供しており、その一つである『テーマ投資』は個別の銘柄ではなくプロが厳選した複数の有望企業で構成されている「テーマ」に投資するサービスです。「ドローン」「e-Sports」「人工知能」などの様々なテーマを取り揃えており、テーマを選ぶだけで、初めての方でも気軽に投資を始めることができます。

『おまかせ投資』はロボアドバイザーと呼ばれるサービスです。ノーベル賞を受賞した「現代ポートフォリオ理論」をベースにしたアルゴリズムにより、資産運用をすべて自動で行うことが可能です。

また、同じくロボアドバイザーサービスの『FOLIO ROBO PRO』では、Alpaca社との協業により、金融機関にのみ提供されていたAlpaca社のAI技術を個人向けに初解禁しました。Alpaca社のスコアリング・システムと当社のポートフォリオ最適化技術を融合させ、AIを本格的に活用したロボアドバイザーを提供しています。

さらに、2018年1月のLINE株式会社との業務提携をきっかけに、『LINEスマート投資』として、LINEアプリ上で500円から始められるワンコイン投資サービスを提供しています。「旅」「結婚」など自分の身近な目標を設定して週500円から積立投資ができ、設定した金額はLINE Payから自動で引き落とされます。

今後は、既存サービスの拡大を進めるとともに、toC向けサービスで培ってきたノウハウを活用して、toB向けに証券基盤プラットフォームのSaaSを提供していくサービスにも注力していく方針です。また、toCとtoBの両面から、「資産運用をバリアフリーに」するための改革を進めていきます。

【特徴①】金融サービスとしての堅牢性を担保しつつ、利便性の高いUI/UXを追求する開発組織

当社の従業員数は63名で、そのうちエンジニアは34名です(2020年7月1日現在)。エンジニアの平均年齢は33歳で、大手やメガベンチャー、スタートアップなど様々なバックボーンの社員が活躍しています。

基本的にプロダクトごとのチームに分かれており、Jiraなどのチケット管理システムを使用し、アジャイル型での開発を進めています。チーム規模は部署に応じてさまざまですが、10名以下の小規模なチームに分かれることが多いです。個人プレーではなく、チームとして成果を出すことを意識しています。

金融の中でも特に証券業界では規制が厳しい中で、誰でも使いやすいUI/UXのデザインに特に力を入れています。投資に苦手意識を持っている人でも安心してサービスを利用できるようなデザインを目指しています。

現在当社で活躍している社員に共通して言えることは、成長意欲が高く、勉強熱心であることです。また、資産運用に興味がある社員が多く、サービスの質を高めることで、より多くの人に資産運用を活用して欲しいという気持ちの強い組織です。

【特徴②】「資産運用が誰にとっても身近なものになる」世界の実現のため、チャレンジを続ける

Fintechの流行や老後資金2000万円問題、口座維持手数料導入の検討などもあり、社会全体で「資産運用」という言葉やその必要性は以前よりも身近になりました。しかし、実際に運用することに対しては、未だに敷居が高いと感じている人が多いといえるでしょう。 当社は、「資産運用が誰にとっても身近なものになる」という世界観の実現に向けて事業に取り組んでいます。この世界観を達成するために、私たちは、「当社のサービスを通じて人々の人生が豊かになること」にこだわり続けます。

そのためには、自身が持つスキルを最大限発揮することが必要です。 個々の力だけでなく、FOLIOというチームとして同じひとつの座標を見据えながら、常にメンバーを尊敬し、信頼し行動することが求められます。

社員間でも、フラットな組織と透明性の高い経営を実現するために活発に議論が行われています。職種を超えたコミュニケーションも盛んで、協力・連携してサービス開発に邁進しています。

金融業界において前例のない挑戦を続ける中で、時には壁にぶつかることもありますが、それをポジティブに捉え、成長の機会へと置き換えられるマインドを持つ方が活躍しています。

【特徴③】継続的に技術を磨きながら、安心して長く働き続けられる環境

エンジニアへのスキルアップ支援の一環として、技術書などの業務に関わる書籍は会社が購入しています。 同じ興味を持った社員が自然発生的に集まって、ランチタイムにウェビナーの動画鑑賞をしたり、勉強会を実施したりします。誰でも気軽に参加できる雰囲気があり、部署を超えた交流がしやすい環境です。 また、副業や兼業も認められており、社内外での業務を通してスキルアップや自己実現を追求できる環境です。

オフィスの環境としては、フリーアドレス制を採用しており、仕切りのない開放的なデスクや大画面モニターのあるデスクなど、自分の好きな環境で作業できます。エンジニアやデザイナーに対しては、必要性に応じてハイスペックPCや高性能ディスプレイなどを用意し、パフォーマンスを発揮できる環境を整えています。 新型コロナウイルス感染症への対応として、現在は基本的にリモートワークを推奨しています(2020年8月現在)。

福利厚生は、予防接種やメンタルヘルスのサポートなど、心身ともに健全で笑顔で働ける環境づくりに注力しています。年に1度、連続した5日間の休暇が取得できるリフレッシュ休暇制度があるなど、メリハリをつけて働くことが可能です。

事業内容

keyboard_arrow_up

▼Platform事業(toB)

Product事業(toC)でも使用している資産運用サービスの基盤部分を、資産運用サービスを提供する企業に提供するものです。 資産運用サービスを独自に開発する場合、沢山のノウハウと大きな開発費用、長い期間が必要になりますが、このプラットフォームをご利用いただくことで、それらを大きく圧縮することができます。 AIによる資産運用を、限られた企業だけができるサービスから、それぞれの強みを生かした多くの企業が参入できるサービスへと変化させます。

▼ワンコイン投資

LINE株式会社との業務提携により、「LINE」という巨大なプラットフォーム上で、2019年4月より500円から始められる「ワンコイン投資」のサービスを提供しております(「LINEスマート投資」)。

▼おまかせ投資

10秒で終わる資産運用プランの診断をおこなうだけで、ご自身に最適な商品が提案され、そのまますぐに運用を始められます。ノーベル賞受賞理論をベースにしたアルゴリズムで10万円から運用ができます

▼テーマ投資

投資ってなんだか難しそうと感じる方にも身近に感じてもらえるよう、「銘柄(企業)」にではなく「テーマ」に投資するサービスです。「ドローン」「e-Sports」「ガールズトレンド」「人工知能」などの様々なテーマを取り揃え、デザイン面にも力を入れています。

▼FOLIO ROBO PRO

Alpaca社が提供するETF(上場投資信託)を対象資産としてAI技術を個人向けに初解禁しました。世界各国の株式、債券、通貨、銅や原油など、40以上の指数を利用し、さらに統計的処理で2,000種類以上の特徴量を計算し、投資配分を大胆に変える運用を行っています。

勤務地・その他情報

keyboard_arrow_up
会社名 株式会社FOLIO
業種
  • 証券
  • その他
本社所在地 東京都千代田区一番町16-1
共同ビル一番町4F
代表者 甲斐 真一郎
設立年月 2015年12月
資本金 資本金91億2万1636円(資本剰余金含む)2020年3月末時点
株式公開 / 
証券取引所
非上場
URL http://folio-sec.com/

この企業の他の求人

この求人に応募する

株式会社FOLIOの求人・転職|レバテックダイレクト