辰巳電子工業株式会社のトップ画像

辰巳電子工業株式会社

創業50年携わるアミューズメント事業の基盤を活かし、アウトソーシング事業にも挑戦

会社概要

アミューズメント事業で培ったノウハウを活かした、幅広い領域に対応できる受託開発が強み

辰巳電子工業株式会社は、1970年8月に本社所在地となる奈良県に設立されました。 1984年に業界初の3画面マルチスクリーンシステムを採用したレースゲーム『TX-1』を開発したことを皮切りに、アーケードゲームの開発をスタート。2001年からはプリントシール機事業に参入し、主力製品となるまでに事業を拡大してきました。女性向け以外にもさまざまな製品を開発しており、観光地に設置してある外国人向けのご当地プリクラは業界シェアNo.1を誇っています。(※当社調べ) また、アーケードゲーム機のほかに、業務用ゲームソフト、スマートフォンアプリなどの企画、開発、販売も行っています。 今後は観光地向けプリクラに注力しつつ、新しいプライズ機を開発する予定です。その先駆けとして、すでに2021年4月には景品トレーのバランスを崩し、景品を獲得するプライズ機『チンアナGO!』をリリースしました。

近年は、アーケードゲームの開発・運営で蓄積したノウハウを活かし、アウトソーシング事業も展開中。エンターテイメント系から公益性の高いサービスまで幅広い分野で、ゲームやWebシステム、組み込み系ソフトウェアなどの開発を行っています。 今後はこのアウトソーシング事業に注力する方針で、新たに大阪にオフィスを設立。奈良本社と協力しながら受託開発を推進していくために、大阪オフィスでの採用を強化していきます。

  • アミューズメント事業のほかシステム開発事業にも注力。
    アミューズメント事業のほかシステム開発事業にも注力。
  • 2021年4月に景品を獲得するプライズ機『チンアナGO!』をリリースしました。
    2021年4月に景品を獲得するプライズ機『チンアナGO!』をリリースしました。

会社の魅力1

辰巳電子工業の従業員数は70名で、うち30名弱がエンジニアです(2021年4月時点)。 自社サービスの開発では、サービスごとにチームを分け、各チームで開発を行っています。アウトソーシング事業では、基本的には案件ごとにチームを組んでプロジェクトを進行。クライアントの業界・業種が多岐にわたることから、開発時のチーム体制や開発期間もプロジェクトによって異なります。

社内には、チャンスは自分次第で作れると考え、主体的に行動できるエンジニアが多く在籍。会社としても社員のアイデアを積極的に取り入れる姿勢をとっており、社長を含め、決裁者に直接打診できるような場が多く設けられています。実際に、新入社員のアイデアが元となって製品化したことも。 こうした環境があることから、当社で評価されるのは、自分で仕事を生み出せるメンバーです。ユーザーにとって面白いものを作りたいという考えを持ち、行動に移せる人が評価されるのが特徴です。

キャリアパスは、本人のキャリア志向によって変わります。会社から「こうなるべき」といったキャリアの提案は行っていません。

会社の魅力2

辰巳電子工業では、1970年の創業以来、「枠にとらわれない商品開発」に挑戦してきました。 「枠にとらわれない商品開発」をするには、「流行を追うのではなく流行を生み出していく」「枠を自ら打ち破る」といった志が大事であると考え、社員一人ひとりが大きな裁量を持って、仕事に打ち込める環境作りに力を入れています。 特に最近では、枠を設けずに今までにないものを作り上げ、多くの人を驚かせたいといった想いを強く持っています。新規事業の立ち上げを促進すべく、売上やプロジェクト化の目標を設定している段階です。

当社が大事にしている考えは、短時間で人の心を虜にするものを作ること。エンターテインメントという枠の中で、人を楽しませるものを作っていこうという考えが組織全体に浸透しています。

社内では、当社のサービスをお客さまが喜んでくれるか、どうしたら遊んでくれるかを、メンバーが一丸となって考えながら開発に取り組んでいます。少数精鋭でプロダクトを作っているので、社員一人ひとりが真摯にユーザーのことを考え、チームや商品作りをしなければ良いサービスは作れないというのが当社の考えです。 アーケードゲーム機やプリントシール機の性質上、お客さまが実際に当社の製品で遊んでいる姿を直接見られる機会が多いこともあり、やりがいをもって開発を進められる環境です。

社員の声

  • 全社一丸となって新製品を作り続ける姿勢がある

    毎年1件以上の新規プロダクト開発のキックオフが行われていますが、企画部門や製品開発部門からではなく、現場の社員から起案やアイデアを吸い上げる流れがあります。 実際プライズ機新規参入のプロジェクトの発案は、組み込み機器開発担当部門ではなく、他部門のサーバエンジニアのものであったりと、ものづくりに対しては非常にフラットです。

    管理職・インフラエンジニア/システム開発部門/2017年1月頃入社

  • ハード・制御系・ゲーム・Webまで多彩なエンジニアがおり、技術の横断がなされている

    前職ではソフトウェア(ゲーム)の専業でしたが、入社後新事業を立ち上げた際、ハード・制御・組み込み・Webバックエンドなど、多彩な種類のエンジニアがおり、プロジェクト立ち上げ後に様々な知見が得られました。

    ゲームエンジニア/OS部OS課/2014年3月入社

  • トップと距離が近い

    社内製品や組織の問題点についてトップに提言し、要望を受け入れてくれる風土があります。

    管理職・社内SEなど/システム運用部門/1997年4月入社

事業内容

▼アミューズメント事業

アーケードゲーム機や業務用ゲームソフト、スマートフォンアプリといったアミューズメントを関わる商品を中心に、企画・開発・販売を行います。

▼アウトソーシング事業

アーケードゲームの開発・運営で蓄積したノウハウを生かした受託開発を行います。ゲーム・Web・組み込み系など、さまざまな場面でクライアントのご要望に沿った開発を行います。

勤務地・その他情報

会社名 辰巳電子工業株式会社
業種
  • SIer
  • 飲食・旅行・レジャー・アミューズメント
本社所在地 奈良県橿原市十市町7番地
代表者 辰巳 聡
設立年月 1970年8月
URL http://www.tatsu-mi.co.jp
スカウトの92%が面談/面接確約!
レバテックダイレクトなら、2分でできるスキル入力で
スカウトが受け取り可能になります
メールアドレスで登録する
半角英数+記号(_-.)8〜40文字

利用規約 および 個人情報の取り扱い をご確認のうえ、同意いただける場合は上記ボタンをクリックしてください。

機械学習であなたが入社後に活躍できる求人を提案します! 機械学習であなたが入社後に活躍できる求人を提案します!

辰巳電子工業株式会社の求人・転職|レバテックダイレクト