エルピクセル株式会社のトップ画像

エルピクセル株式会社

AI医療診断サービスで、国内初の薬事承認を取得したフロントランナー

企業からスカウトが届く 無料会員登録 企業からスカウトが届く 無料会員登録

会社概要

エルピクセル株式会社は、2014年3月の設立以来、医療診断支援事業とサイエンス事業の大きく2つの柱で事業を展開しています。

医療診断支援事業では、医師に寄り添うパートナーとして、次世代医療診断支援技術『EIRL(エイル)』を提供。画像をはじめとする医療診断に必要な情報を解析し、より速く効率的で正確な診断ができるサービスを提供しています。また、『EIRL』はAIのディープラーニングを使って医療診断をするソフトウェアとして、日本ではじめて薬事承認を取得した製品です。 サイエンス事業では、主に製薬会社に向けて、人工知能を活用したクラウド型画像解析プラットフォーム『IMACLE』を展開。利用者は画像解析に関する高度な知識がなくとも、膨大な画像の解析処理を瞬時に行うことができます。

会社の魅力

エルピクセルで開発はアルゴリズム開発チーム、プロダクト開発チームなど、機能ごとにチームを分けて行っています。アルゴリズムチームもプロダクトチームも、1人あたり2~3個のプロダクトを担当。それぞれが担当する製品を限定せず、メンバーが一丸となり幅広く開発を行っています。 機械学習エンジニアは、年次が上がっていっても、アルゴリズムを書き続けられるメンバーが多く、技術を追求し続けることができます。

QAエンジニアとフロントエンドエンジニアについても、1人で複数のプロダクトを担当し、大きな裁量を持って働くことができます。開発する際の手法を自分で提案し、新しい技術を採用することができます。

会社の展望

エルピクセルの企業理念は「医師に寄り添い新しい医療のかたちを創造します」。社内には、社会貢献度の高い事業がしたい、世の中にインパクトを与える仕事がしたいと考えるメンバーが多いです。真面目な性格のメンバーが多く、細かな連絡を欠かさず、何事も責任感を持って最後までやり遂げます。

現在、『EIRL』は脳や肺における病気の発見に用いられていますが、今後はその技術を応用して体のさまざまな部位の病気を発見できるようにしていきます。また、サイエンス事業のサービスに関しては、積極的に海外展開を進める方針です。

企業からスカウトが届く 無料会員登録 企業からスカウトが届く 無料会員登録

事業内容

▼医療診断支援事業

医師に寄り添うパートナーとして、AIを用いて医療診断を支援するサービス『EIRL』を提供します。

▼サイエンス事業

画像の解析処理を瞬時に行うサービス『IMACEL』や、画像解析にかかる負荷を低減し研究のスピードを加速するサービス『LP-Series』を提供します。

勤務地・その他情報

会社名 エルピクセル株式会社
従業員数 51人
業種
  • Webサービス・ASP
  • ソフトウェア/パッケージベンダー
  • 医療・福祉・介護
本社所在地 東京都千代田区大手町 1-6-1
大手町ビル 6F
代表者 島原 佑基、鎌田 富久
設立年月 2014年3月
資本金 1億円
URL https://lpixel.net/

エルピクセル株式会社の求人・転職|レバテックダイレクト