株式会社 アールスクエア・アンド・カンパニー

日本初のセールスイネーブルメントに特化した営業人材・組織開発支援会社

PICK UP

世界最先端の営業組織を日本から。セールスイネーブルメントに特化した人材育成・組織開発を支援

株式会社アールスクエア・アンド・カンパニーは日本で初めてのセールスイネーブルメントに特化した営業人材/組織開発支援会社として、2019年7月に設立されました。現在は国内の顧客に対して、営業人材開発のプロフェショナルサービスおよびクラウドアプリケーションの開発、運営、販売を行っています。

セールスイネーブルメントのサービスでは、プランニング・プロファイリングに基づいて、イネーブルメントのプログラムを開発。その後の知識・スキルのトレーニング、期待行動レベルの可視化と適切なコーチング、結果に基づく振り返りと軌道修正といった、組織開発支援までを一貫してフォローしています。営業成果に基づくデータ分析の手法や、結果を知識やスキルに落とし込んでいくノウハウが強みです。

また、クラウドアプリケーションサービス『Enablement App』を2021年1月に正式リリース。営業の施策・成果をトラッキングし、営業の持続的な成長を科学的に支援しています。グローバル対応であることや、外部のコンサルタントに依頼しないため、安価に利用できることが特徴です。(プロダクトサイト:https://www.enablement.app/)

2019年7月にトライアルが開始された当サービスですが、ローンチ後半年ほどで大手企業中心に約20社へ導入。新規領域の事業展開に伴った人材開発などに活用されてきました。現在は人材の早期立ち上がりなどを目的に、業界をリードするメガベンチャーでも活用されています。

今後は、人材開発におけるビックデータを活用し、国・職種・ポジション等で分類した育成方針の策定や、レコメンデーションやAIを使った行動予測など、新機能や新たなサービスの展開も想定しています。そして、事業拡大と組織増強を進め、数年後の海外進出も見据えています。

  • 日本初、セールスイネーブルメントに特化した営業人材/組織開発支援を実施
  • 『Enablement App』を2021年1月に正式リリースしました!

事業内容

▼営業人材開発のプロフェショナルサービスおよびクラウドアプリケーションの開発、運営、販売

セールスイネーブルメントにおけるプランニング、プロファイリング、プログラム開発、組織開発支援を行っています。

『Enablement App』を2021年1月に正式リリースしました!

会社の特徴

【特徴①】日本国内での需要も急拡大。不透明になりがちだった人材育成の効果測定が可能に

アールスクエア・アンド・カンパニー設立のきっかけは代表山下の前職時代の経験に遡ります。セールスイネーブルメントの取り組みで成果を残した山下が、当時の顧客にイネーブルメントの取り組み・効果について紹介したところ、関心を持つ企業が続出。その反響は大きく、イネーブルメントの専門組織を設ける企業まで現れましたが、当時の会社にはそのプログラムを売る仕組みがありませんでした。また、イネーブルメントを専門にしたベンダーが国内になかったため、当社を設立するに至りました。

当社ではセールスイネーブルメントを「継続的な目標達成に向け、営業成果と営業組織・人材開発施策の相関関係を向上し続ける取り組み」と捉えています。データドリブンで課題を分析し、営業生産性改善の施策を展開、その結果を数値分析することで、組織/人材開発における投資利益率が可視化できるのです。

現状、日本国内では急激にセールスイネーブルメントのニーズが高まってきています。背景にあるのは、育成施策のみで効果を示すことに限界がきており、今後成果ベースの育成が必要になってきたこと。そして、感染症拡大の影響で対面営業からオンライン営業に切り換わり、コミュニケーションベースではなく、行動や活動ベースで成果を測定する必要が出てきたことが挙げられます。

国内にセールスイネーブルメントを専門的に提供している会社がいない中、当社はスピード感を持って、世の中に価値のある営業人材育成の仕組みを展開していきます。

  • 不透明になりがちだった人材育成の効果測定を数値化
【特徴②】マイクロサービスアーキテクチャの採用やサーバーレス化の推進など、サービス拡大を見据えた設計思想

アールスクエア・アンド・カンパニーは2020年11月現在、従業員12名が在籍し、CTO含め3名のエンジニアが開発を行っています。セールスイネーブルメントの概念を色濃くプロダクトに反映させる為、開発は完全内製化されています。

エンジニアは『Enablement App』の企画から設計・実装・テストおよび改善や、営業成果・プロセス・育成データなどの分析手法や可視化技術の調査検証を行うデータ分析基盤の構築などを担当。2週間スプリントのスクラムで、サービス機能単位で分担しながら開発を進めています。アーキテクチャ検討や、技術選定などの初期段階から携われるのも特徴です。

当サービスは、スケールを見据えてマイクロサービスアーキテクチャを採用、GCPを用いてベストプラクティスに従い、サーバーレスを実現しています。また、Salesforce上で開発するなど、陳腐化するリスクが少ない技術を選定しています。

当社に入社するメリットとして、スタートアップのフェーズであるがゆえに、初期プロダクトに携わるメンバーとして、組織・機能の土台づくりに携わる経験ができることが挙げられます。また、エンジニアは複数レイヤーの開発を担当する必要があるため、幅広い技術を身につける機会があります。

そのため、成長意欲があり、自発的に技術習得やキャッチアップに取り組める方を求めています。さらに、プロダクトの要件はビジネスサイドのメンバーと固めていく必要があるため、コミュニケーションスキルも求められます。また、人材育成や組織開発への想いがあるかどうかも面接の際に確認するポイントの1つです。

  • スケールを見据えた開発。最新技術も積極導入
【特徴③】社名に込めたのは「人材開発は営業成果に相関するべき」という想い

アールスクエア・アンド・カンパニーの社名は、「人材開発は営業成果に相関するべき」という想いのもとに名付けられました。「R-Square」は相関係数”r”の2乗・決定係数を指し、人材開発と成果の関係を可能な限り相関に近づけることで、育成の効果を示したいという想いが込められています。「Company」は”仲間たち”を指し、事業コンセプトに共感して「営業の成功」を一緒に支援する仲間が集ったことを意味しています。

求める人物像として、「Professional」「Impact」「Fun」「Respect」の4つを掲げています。社内には、顧客への思いやりが強く、部門を越えたコミュニケーションや気遣いができるという組織風土が根付いています。また、「Professional」という項目にもあるように知識を習得、専門性を高める文化があります。エンジニアがOSS活動に取り組んでいるだけでなくビジネス職のメンバーもSalesforceの資格を取得したりと、メンバー間で切磋琢磨しています。

今後、新たなことに挑戦したい方、意欲のある方、事業を大きくしていきたい方。そして何より、セールスイネーブルメントの市場拡大に取り組んでいける方の応募をお待ちしております。

  • 人材開発・組織開発に想いのある方をお待ちしています!

勤務地・その他情報

会社名 株式会社 アールスクエア・アンド・カンパニー
従業員数 12人
業種
  • 人材・教育
本社所在地 東京都千代田区神田小川町3丁目28-5
axle御茶ノ水 P211
代表者 山下貴宏
設立年月 2019年7月
URL https://www.r2-company.com/
アピールポイント
  • 資格取得支援制度あり
  • 社内研修・勉強会充実
  • 離職率が低い
  • 2年連続成長中
  • 中途入社者が多い

同じ業種の求人

株式会社 アールスクエア・アンド・カンパニーの求人・転職|レバテックダイレクト