Institution for a Global Society株式会社

PICK UP

人材の評価や教育にAI技術を取り入れた事業を展開しています

Institution for a Global Society株式会社は、2010年5月に誕生しました。 AI技術を活用し、「バーチャル空間と現実空間が融合したシステムで経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会」というSociety 5.0に適合した人材の評価・育成に関わる事業を展開しています。

Big5理論をベースとして、Society 5.0時代に沿った性質や能力の発揮を阻害する要因などを評価・測定し、コンピテンシーやスキルの向上につながる人材育成を支援するサービスを展開提供しています。

『GROW360』は、企業で現役で働いている方や、採用候補の方のコンピテンシーや性質など、さまざまな特性をAIで科学的に測定し、データ化するサービスです。 教育機関向けには、学生の能力や教育の効果を測定する評価ツール『AiGROW』を提供しています。 また、教育領域では、学生向けに『GROWAcademy』で、生徒のコンピテンシーを伸ばすための動画や教育コンテンツを月額制で提供しています。 『DX GROW』は、個人の潜在意識や組織のバイアスなどをデータ化し、それに基づいたオンライン研修を実施することでDX化を促進するサービスです。 そのほかに、TOEFLをベースに英単語、リスニング、リーディング、ライティングの4つの分野で構成され、生徒の習熟度に合わせた学習が可能なプラットフォーム『e-Spire』を提供しています。 これらのサービスによってさまざまな年代に合った教育や評価が可能となっており、大手航空会社や大手保険会社などの企業、教育機関に導入されています。

既にVCや大学などから10億円以上の資金を調達している当社では、今後もHR Tech領域で事業を拡大していく方針です。現在はHR事業と教育事業に分かれていますが、ゆくゆくは統合し、子供から大人に至るまでの教育をシームレスにサポートしていきたいと考えています。その一環として、現在慶應義塾大学と共同してブロックチェーンを利用した新しいプラットフォームの開発を行っています。

事業内容

▼教育コンテンツ事業

生徒のコンピテンシーを伸ばすための動画や教育コンテンツ『GROWAcademy』、個人の潜在意識や組織のバイアスなどをデータ化し、それに基づいたオンライン研修を実施することでDX化を促進する『DX GROW』、中学・高校生向けのオンライン英語学習プラットフォーム『e-Spire』の提供を行っています。

会社の特徴

【特徴①】得意分野を活かしたい方も、さまざまなタスクに挑戦したい方も安心して働ける組織です

当社には約30名の社員が在籍しており、そのうちエンジニアは業務委託を含めて6名、Webプランナーは2名となっています。

エンジニアは、主にアプリケーションサービスや、ビジネス向けのダッシュボードの開発・運用を行っています。希望を出せば、インフラ業務(AWS)に携わることも可能です。 Webプランナーは、営業部署やカスタマーサクセス部門から共有される意見や課題を整理し、対応を検討。開発にあたるエンジニアとも直接話し合いながら、週単位でタスク調整を行い、およそ月1回のペースで何らかの機能をリリースできるように進めています。

基本的に各サービス毎に担当を分けて開発を行っています。Gitを用いてソースを管理しており、プルリクエストやレビューなどはお互い目を通すようにしています。 社内のエンジニアには、フロントとバックエンドどちらもこなせる方が比較的多いです。得意分野に携われるようにタスクの割り振りを行っていますが、「克服のために苦手なタスクに挑戦したい」という場合もチーム全体でサポートします。 また、いい提案は積極的に取り入れているため、新しいソフトや技術を利用したい場合も意見を出しやすい環境です。 サービスの開発から運用にかけて幅広く関わるため、部署・部門を超えたコミュニケーションを取る機会にも恵まれています。

【特徴②】ユーザーの自生を左右するプロダクトの開発に、強い責任感を持って携わっています

当社の今後の課題は、新規サービスを作りつつ、既存サービスの保守性・効率を高めていくことです。そのためにインフラ環境やシステム、商品の品質や管理などの最適な方法を模索しています。

社員全員がプロダクトに対して強い責任感を持っており、先行研究のリサーチをしたり、ユーザーの意見を聞いたりと、自発的・自律的に行動しています。セミナーへの参加やe-learningの受講などを自主的に行っている成長意欲が高い社員が多いのも特徴です。

他社よりも少人数のチーム体制のため、機動力を重視しており、アイデアをアウトプットしやすい環境です。 一つの案件よりもさまざまな案件に携わるスタンスで業務を進めているので、それぞれの強みを活かせます。お互いの得意分野と苦手分野を把握しながら、質問や議論を重ねています。

『GROW』はユーザーの成長に協力できる反面、今後の人生を左右してしまう可能性もあるツールです。さまざまな立場や考えの人たちの意見を整理し、機能やサービスとして形にすることが求められるので、大変な部分もあります。ですが、社内の人や顧客にも喜んでもらえるため、大きな達成感を得ることができます。サービスを提供する中で、やりがいを感じながら働くことができるでしょう。

【特徴③】書籍購入やセミナー参加の費用補助など、スキルアップ支援制度が充実!

当社では自社プロダクトである『GROW360』を用いた評価を年2回行っています。期初に上長と共に目標設定を行い、日々の業務から達成度を測ります。

キャリアパスは、自分の希望に合わせてマネージャーとテックリードのいずれかから選択が可能です。また、部署異動やキャリア形成なども応相談で柔軟に対応します。

向上心のある社員のスキルアップを支援する制度も充実しており、業務に役立つ書籍の購入や、セミナー参加に対しては費用の補助があります。さらに当社で開発している英語学習プラットフォーム『eSpire』も無料で利用可能です。セミナーは参加することはもちろん、自身で開催することもできます。

現在はコロナウイルスの影響を鑑みて全面的にリモートワークとなっており、どうしても出社が必要な場合以外は自宅でフルタイム勤務ができます。また、自宅にWi-Fiがない場合は、必要であれば環境整備のための初期費用補助を行うこともあります。なお、今後も状況を見ながら柔軟に対応していきます。

当社は「人を幸せにする評価と教育で、幸せを作る人、を作る。」をミッションとして掲げており、評価や教育のあり方を徹底的に議論する社風です。また、その実現のために開発チームと一体になって改善や新規開発を重ねています。ミッションに共感し、一緒に頑張ってくれる方を募集しています。

社員の声

  • 個々の意見を尊重する風通しの良い環境

    うまく進まない案件や業務があった場合、関係者ですぐに議論して問題点を洗い出し、下手な遠慮などせずに意見を持ち寄り解決に導きます。また、間違ったら遠慮せずに直ぐに指摘して見直すため、機動力が高くスピード感が早い組織だと思います。

    商品企画(Webプランナー)/入社3年目

勤務地・その他情報

会社名 Institution for a Global Society株式会社
従業員数 30人
業種
  • 人材・教育
本社所在地 東京都東京都渋谷区恵比寿南1-11-2 4F
代表者 福原 正大
設立年月 2010年5月
資本金 741百万(資本準備金を含む)
URL https://i-globalsociety.com
スカウトの92%が面談/面接確約!
レバテックダイレクトなら、2分でできるスキル入力で
スカウトが受け取り可能になります
メールアドレスで登録する
半角英数+記号(_-.)8〜40文字

利用規約 および 個人情報の取り扱い をご確認のうえ、同意いただける場合は上記ボタンをクリックしてください。

機械学習であなたが入社後に活躍できる求人を提案します! 機械学習であなたが入社後に活躍できる求人を提案します!

Institution for a Global Society株式会社の求人・転職|レバテックダイレクト